LINEで送るボタンを設置しよう!ブログへの流入数とシェア数がヤバい

LINEで送るボタンの破壊力がヤバ過ぎるwwwwwwwww

「自分のブログに設置するSNSボタンは、FacebookとTwitter、はてブがあれば十分。」

そう思ってた時期が僕にもありました…。

そう思ってるアナタ、甘い!

僕が運営している“とあるホームページ”に、忍者ツールズの『忍者おまとめボタン』を設置して、久しぶりにSNSボタンのアクセス解析画面を確認したところ衝撃の事実が判明しました。

スポンサーリンク

LINEハック→LINEの使い方や裏ワザをまとめたサイトを立ち上げました。

LINEで送るボタンとは?

LINEで送るボタンは、Webサイトの情報を簡単にLINEユーザへシェアできるボタンです。シェア先は、友だち1人にも、複数の友だちににも、また自分のホームに送って友だち全員にタイムラインで知らせることもできます。

存在さえ知らなかった貴方は完全にオッサンです。

予想以上にスゴかったぞ!『LINEに送る』ボタンの解析結果を晒しちゃいます。

下記のグラフは、『忍者おまとめボタン』を設置している“とあるサイト”のアクセス解析画面です。

日別シェア数

月間の日別シェア数と流入数を示したグラフです。この1か月の間に、ホームページをシェアした人数が1013人、SNSを経由した外部からの流入数が667人でした。
ご覧のとおり、『忍者おまとめボタン』はソーシャルメディアのアクセス解析に特化したUIとなっており、素人でも簡単にSNSのアクセスログ分析が出来ちゃいます。

『LINEで送る』ボタンのシェア数&流入数が圧勝!

ボタン種類別シェア数(すべて)

上の図は、各SNSボタンがどれだけシェアされて(クリック数)、SNS経由でどれだけ外部から流入したか(訪問数)を示しています。

1位はなんとLINEボタンで、シェア数417人、流入数568人でした。2位のツイートボタンでさえシェア数は半分の230人です。驚いたのはLINEボタンからの流入数の多さです。流入数がシェア数を上回るなんて異常です。

理由は簡単。LINEのアクティブユーザー数がそれだけ多いからでしょう。FacebookやTwitterではシェアしてもスルーされるのが当たり前ですが、LINEではかなりの高確率で読んでもらえます。
たぶん僕も、友達から『LINEで送る』なんてされたら絶対に見てしまいますもの。

スマホと『LINEで送る』ボタンの相性は異常

ボタン種類別シェア数(スマートフォン)

『忍者おまとめボタン』では、PC、スマートフォン、タブレットと、端末ごとの解析が簡単に出来ます。試しにスマホの解析結果を見てみますと、これまた『LINEで送る』ボタンが圧勝です。流入数はシェア数の1.5倍近くあり、スマホと『LINEで送る』の相性が抜群に良いことが分かります。

今回例に挙げたサイトはスマートフォンからの閲覧がほとんどで、主に中高生や20代前半のユーザーが多いサイトです。
このように、スマホからの閲覧が多いサイト、中心の年齢層が10代~20代のサイトには『LINEで送る』ボタンが非常に効果的です。効果はジャンルにもよりますが、一度試してみてはいかがでしょうか?

あなたのサイトのSNSボタン、本当にマッチしてる?

繰り返しますが、「ブログに設置するSNSボタンは、FacebookとTwitter、はてブがあれば十分」、この思い込みが危ない。

自分が使わないからといって、他人も使ってないとは限りません。

LINEはメッセージアプリ分野では最強のアプリとなったけど、情報共有・拡散ツールとしてもフェイスブックやツイッターを追い抜く勢いである。いわゆる情弱と呼ばれるユーザーにはむしろこちらの方が浸透しているかもしれない。

その証拠に、主婦も学生さんなど、大衆がが日々使うアプリでは『LINEで送る』ボタンは必須の存在になっています。

大手サイトも『LINEで送る』に切り替え始めている

例えば誰もが使うであろうグルメサイト。
食べログ、クックパッド、ぐるなび、全て『LINEで送る』に対応してます。

tabelog_gurunavi_cookpad

WordPressで構築しているようなブログではあまり見かけない『LINEで送る』ボタンですが、一般的にはもう既にかなり浸透しているようです。

ネット世界に入り浸っている、いわゆる自称“情強”さんは仮想世界しか見ていないから、リアルの世界で起こっているインターネットの変化に気づいていないことも多いんです。SEOやITハックなどの情強さん向けサイトばかり参考にするのではなく、食べログやクックパッドなど、誰もが使うようなサイトの方こそ本当に学ぶべき事がたくさんあります。



【結論(持論)】今、一般的なサイトで最も利用率の高いSNSボタンは『LINEで送る』である。

勿論、ジャンルによって効果はまちまちですが、あなたのサイトが一般的な話題を扱っているのであれば『LINEで送る』ボタンの設置を検討してみても良いと思います。

『LINEで送る』ボタンを設置すると、アフィリエイト収入も増える

アフィリエイトの観点から見ると、『LINEに送る』ボタンには大きなメリットがあります。それは『LINEで送る』から流入してきた訪問者のクリック率、成約率が非常に高いことです。
ヤフー検索から来た人は広告クリック率が高く、Google検索からの訪問者はクリック率が低いと一般的に言われていますが、何となくそれに似ています。個人的には『LINEで送る』とヤフー検索ユーザーの属性は非常に似ていると思います。

とあるサイトでは『LINEで送る』を導入して以降、アドセンスのCTRが1%台から3~4%上がり、アフィリエイト収入は2倍近くに跳ね上がりました。分母数(PV)も万単位なので、ある程度信頼できる数値化と思います。はてブからの訪問者が増えても全然アフィリエイト収入は伸びませんでしたが、『LINEで送る』は効果テキメンでした。

海外SEO情報ブログさんで、「検索結果1位のクリック率は17.16%、ロングテールはCTRが高い」なんて記事が出ていましたが、僕はこう考えます。

『LINEで送る』からの訪問者はCTRが異常なほど高い。





(おまけ)『忍者おまとめボタン』の設置方法・使い方は下記のリンクから↓

忍者ツールズの『忍者おまとめボタン』とは?

100種類以上のSNSボタンを簡単に設置できる

Twitterのツイートボタン、Facebookのいいねボタン、Google+の+1ボタン、はてなブックマークのはてブボタン、Googleリーダーの登録ボタンなどありとあらゆるボタンをブログやホームページに簡単に設置することができます。

今回ご紹介するLINEで送るボタンや、今流行のFeedlyやPocketにも対応してます。ここまでいろんなサービスに対応したプラグインは見当たりません。日本製プラグインなので設置もとっても簡単です。

WordPress対応!日本製プラグインなので設置も簡単

WordPress使っているけどSNSボタン設置するのがメンドクサイ、方法が分からない…。『忍者ツールズWordPressプラグイン』はそんな貴方にピッタリのプラグインです。ドラック&ドロップだけで『忍者おまとめボタン』が設置できるようになります。

10秒でSNSボタンのクリック数や流入数が解析できる!

ツイートボタンやいいねボタンなど設置したソーシャルメディア連携ボタンがいつ、どの記事でどのくらいクリックされたのか、ボタンからSNSにシェアされたツイートやいいね!からいつ、どのくらいの流入があったのかが解析できます。操作はとっても簡単で、解析結果もシンプルで見やすいです。SNSボタンのアクセス解析を簡単に調べたいという方にオススメ。ログインから解析結果を確認するまで10秒くらいで出来ちゃいます。

Googleアナリティクス‎は設定が大変だし、正直直感的に分かりづらいところもあります。その点、『忍者おまとめボタン』は素人でも非常に分かりやすい。出来る事は限られますが、個人のホームページやブログではこれで十分です。

ad

スポンサーリンク

公開日:2013年12月25日


TOPへ戻る ↑